2011年は「裏庭」で締めくくりました!

11月23日文化の日、2011年最後の「桃の庭」が行われました。
会場は柳橋の粋な一軒家「ルーサイトギャラリー」。
かつて絶世の美女と謳われた小唄の師匠、市丸姐さんの邸宅だったおうちです。

隅田川が間近に見られる2階に座っての「裏庭」、
はじめてのしゃべり場に挑戦してみました

テーマは「あなたは欠けた月ではない」。
新刊のタイトルですが、
長年、自己肯定できずに苦しんだわたしの軌跡をお話しすると同時に、
参加者の方々からも、それぞれも年代が抱える悩みが噴出! かなりの盛り上がりでした

ゲストに映画監督の井上都紀監督をお招きしてお話に加わっていただきました。
静謐にして衝撃的な映画「不惑のアダージョ」が話題となった井上監督は三十代後半。
女として、さまざまな縛りのなかでどう生きるか、率直でみずみずしいお話に、参加者の大きな共感を得ました

司会の坂上みきさんの素敵なMCにも助けられて、初めてしゃべり場を行って感じたことは、
このような場が足りない、という切実な参加者の方々の思いでした。

会のあと、サインをしたりお茶を楽しんだり。
たくさんのご参加、ありがとうございました。

気兼ねなく本音を言い合える場として、今年も「裏庭」を行います。
ご参加をお待ちしていますね!