第七回「桃の庭」

10月17日(金)午後2時より
表参道のDEE’S HALLにてリサイタルを行いました。

DEE’S HALLの可愛い庭にある木の実も色づきはじめた秋の昼下がり、リサイタルを行いました。

今回はごくシンプルな形で、と思い、司会や音楽もなしに。
朗読とトークだけの静かな時間を過ごしました。

 

朗読は、私自身が今年、長年取り組んできた心の問題がクリアになったということもあり、その心の軌跡をお伝えしたく、二つの自作を選びました。

 

テーマは「変容」とでもいったらいいでしょうか。
最初に「スランプ・サーフィン」から「少女の尻尾を切り捨てて」、次に書き下ろしの「女神たち」を読みました。

 

朗読が終わると、そろそろ3時に。

 

おやつタイムは、パーソナルブレンドハーブティー研究家で「ハーブヒーリングワンピュア」主宰の江坂純子さんによる、ハーブティーとローフードのお茶請けを用意しました。

 

江坂さんのハーブティーは、それぞれのひとに合わせ、何種類ものハーブをブレンドして作ってくれる、とても素敵なもの。

 

今回は、この日の光野に焦点をあててブレンドされたハーブティーを参加の皆さんとともにシェアし、和やかな空気が広がりました。

 

おやつも同じく、元マクロビオティックのシェフとして活躍されていた江坂さんによる、ローフードのチョコレート・ムース。

 

卵や牛乳、白砂糖などは一切使わず、木の実を細かく砕いて作るローフードは、からだが清浄になるような感覚をもたらしてくれました。

 

今回、初めて公募したボランティア・スタッフの皆さんもチームワーク抜群。

 

整然と美しい動きで働いてくださり、ありがとうございました。
朝早くから夜まで、本当にお疲れさま!

 

昨年の五月にスタートした「桃の庭」も、いろいろと試行錯誤を繰り返してきましたが、静かでシンプルな形になることができました。
たくさんの方々のご声援と愛情に心から感謝いたします。

 

次回は12月5日(土)です。

 

今年最後の「桃の庭」は、ジプシージャズのトリオ「モンジュー」とコラボレーションし、音楽と朗読を組み合わせた「心のパーティー」をDEE’S HALLにて行います。

 

どうぞふるってご参加ください。

開催日の約一ヶ月前にこのサイトにてご案内いたします。