2019謹賀新年 本年もよろしくお願いいたします

2019年が始まりました。

世の中が大きく変わっていくはじまりの年、と言われる今年。

かつて、漫画や映画で描かれた未来は、2019年の設定だったことが多いのです。

変化はひとの心を熱くさせると同時に不安にもさせるもの。

静かに、穏やかに、そして軽やかに、そんな時代の始まりを歩いて行きたいと思います。 

1月の3連休明けから2回連続で、講談社のウェブマガジン「ミモレ」で、ファッションディレクターの岡本敬子さんと対談します。テーマは、「自分の好きなおしゃれを見つける方法」です。

3月初旬には、昨年1年間の取材をまとめた、秋田のあけび蔓職人、中川原信一さんの籠の本「中川原信一 あけびの籠」が文藝春秋から発売されます。わたしは巻頭エッセイを寄稿させていただきました。クラウドファンディングにご協力いただいた皆さんと、中川原さんを囲むパーティや写真展も行います。

そして今年も、新刊のエッセイ集を発売する予定です。できるだけ早くお届けできるよう、書下ろし中です。どうぞお楽しみに。

これらの情報は、インスタグラムで毎日更新しています。よろしかったらぜひご覧ください。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

新刊『これからの私をつくる29の美しいこと』発売

1年間、ウェブマガジンmi-molletで連載させていただいたコラム「美の眼、日々の眼」の中から、29本を抜粋して加筆、再編集しました。

この刊行を記念して、ミモレでロングインタビューを3回にわたり掲載します。ぜひご覧ください!
ロングインタビューはこちら

また、8月5日(日)14時から三省堂書店池袋本店でトーク&サイン会を開催します。席数に限りがありますので、お申し込みはお早めに、詳細とお問い合わせ、お申し込みはこちら

講談社刊1200円(税別)

講談社刊1200円(税別)

●お知らせ●
光野へのお問い合わせや仕事のご依頼は下記マネージメント事務所までご連絡ください。
おり返し、担当マネージャーよりご連絡をいたします。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

プントリネア
〒108-0072 東京都港区白金1-17-2-509
tel:03(5447)5055
fax:03(5447)0072
mail : info@puntolinea.jp
URL : http://www.puntolinea.jp

日々の情報をインスタグラムで毎日お送りしています。ぜひご覧ください。@mitsuno.momo

6月2日(土)14時からトーク&サイン会を開催します

新刊「白いシャツは、白髪になるまで待って」のトークショウとサイン会を、
日比谷シャンテ3階の書店、HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEで行ないます。

14時からのトークイベントへのご参加はフリーです。
その後のサイン会は、HIBIYA COTTAGEで拙著をお買い求めになるか、
当日までにお電話で予約、お取り置きをしていただくと、サイン会参加券がもらえます。

詳細、お問い合わせは下記まで。
みなさんにお会いするのを楽しみにしています。
http://www.hmv.co.jp/store/event/33616/

●お知らせ●
仕事のご依頼やお問い合わせは下記マネージメント事務所までご連絡ください。
おり返し、担当マネージャーよりご連絡をいたします。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

プントリネア
〒108-0072 東京都港区白金1-17-2-509
tel:03(5447)5055
fax:03(5447)0072
mail : info@puntolinea.jp
URL : http://www.puntolinea.jp

日々の情報をインスタグラムで毎日お送りしています。ぜひご覧ください。@mitsuno.momo

5月24日、新刊「白いシャツは、白髪になるまで待って」(幻冬舎)発売!

「白いシャツは、白髪になるまで待って」は、60代になったわたし
の、おしゃれと心の変化を、80本の「毎日使えるおしゃれのヒント
」に託した、書下ろしエッセイです。

その心境の変化は、若い頃には想像もつかないものでした。10代
~20代はコンプレックスにまみれ、30代になると、ひと様の目が気
になりだします。そして40代、50代は、仕事と家族の変化、身体の
変化、それにともなう心の揺れ、と長く暗いトンネルの中を匍匐前
進するかのような、かつて経験したことのない葛藤の連続でした。

ところが60代に入った途端、心のなかに広々とした青空が広がって
いることに気がつきました。

もちろん肉体的には衰えたり、弱くなっているところもあります。
肩は痛くて腕は上がらず、腰痛で颯爽と歩けない日は気持ちも落ち
込みます。けれど、そうした弱さも含めて、歳を重ねることの「強
み」や「魅力」にしてしまえる妙味があるのです。

この本を手に取ってくださった方が、おしゃれを通して、歳をとる
のは恐くない、不安じゃない、と感じてくださったら、こんな嬉し
いことはありません。

光野桃

定価1300円+税 幻冬舎刊

定価1300円+税 幻冬舎刊

●5月22日(火)から6月22日まで、毎週火曜と金曜に、幻冬舎のウェブマガジン「幻冬舎plus」にて
試し読みページがアップされます。1回に2本のコラムを試し読みいただけます。
初回5月22日は、「肌が震えるほどの質感を味わう」「デニムを死ぬまで着る」。
内容などについては、随時インスタグラムでお知らせしていきます。

●5月24日(木)から講談社のウェブマガジンmi-molletにて、
新刊刊行記念の短期集中特別連載「光野桃のセレブに学ぶおしゃれのヒント7」が始まります。
毎週月曜と木曜正午に更新、6月18日までの全8回で、本書に登場する7人のセレブのスタイルを
写真と記事の抜粋を添えて解説します。
初回はわたしからのメッセージ、2回目は「ローレン・ハットンに学ぶ、色香と老いが似合わせるトレンチコート」。
こちらもインスタグラムで予告をしていきますね。

●本書に関するお問い合わせは幻冬舎 第一編集局 編集担当まで。
Tel 03-5411-6211
Fax 03-8773-6001

●お知らせ●
仕事のご依頼やお問い合わせは下記マネージメント事務所までご連絡ください。
おり返し、担当マネージャーよりご連絡をいたします。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

プントリネア
〒108-0072 東京都港区白金1-17-2-509
tel:03(5447)5055
fax:03(5447)0072
mail : info@puntolinea.jp
URL : http://www.puntolinea.jp

日々の情報をインスタグラムで毎日お送りしています。ぜひご覧ください。@mitsuno.momo

9月24日(日)、ギタリストの諏訪光風さんのソロコンサートで朗読をします

年に一度だけの諏訪光風さんのギターソロコンサートにゲスト出演し、今年も朗読ライブを行います。

長年、わたしの朗読をサポートしてくださっている諏訪さんのギターの音色にのせて、今年は朗読のために書き下ろしたエッセイ「女神たち」(改訂版)を読みます。

眼で見る文は頭に入りますが、耳で聴く文は心に直接届きます。暑かった夏の疲れを癒し、静かな時間を過ごしませんか?
また、いつもの大きな会場とは違い、ライブハウスは客席が近いため、みなさんとおしゃべりをしたり、共に楽しく過ごしたいと思っています。

秋の初めのひととき、ご参加をお待ちしています。

諏訪光風ギターソロライブ~旅の記憶~

★日時: 9月24日(日) 13時開場 13時30分開演
★会場: カフェエクレルシ(小田急線祖師ヶ谷大蔵駅徒歩2分)
http://cafe-eclaircie.com
★料金:3500円(ワンドリンクオーダー)
★お席のご予約、お問い合わせ
koufuuyoyaku@yahoo.co.jp

●お知らせ●
仕事のご依頼やお問い合わせは下記マネージメント事務所までご連絡ください。
おり返し、担当マネージャーよりご連絡をいたします。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

プントリネア
〒108-0072 東京都港区白金1-17-2-509
tel:03(5447)5055
fax:03(5447)0072
mail : info@puntolinea.jp
URL : http://www.puntolinea.jp

日々の情報をインスタグラムで毎日お送りしています。ぜひご覧ください。@mitsuno.momo